Site icon IRIAM(イリアム)向け Vライバー事務所-リスタート(Li:start)

ライブ配信でリスナーへ来てもらうためには?

ライブ配信を始めるときに、ライブ配信リスナーが来ないと悩みますよね。
ライブ配信でリスナーが来ないとモチベーションにも関わってくると思います。
今回はライブ配信でリスナーへ来てもらうための方法について話していこうと思います。

この章では、ライブ配信を盛り上げるにはどうすればいいかについて話していこうと思います。
ライブ配信を盛り上げるためにはまずは、自分だけのギミックを作ってあげることが大切になります。
ギミックを作って上げることによりライブ配信で投げやすい雰囲気作りができるからです。
このギミックはなんでもいいです。
例えば声に自信のある人はあるセリフを言ったらギフトを投げてもらうようにしましょう。
そうすることによりライブ配信を盛り上げることができるので、ギミックを作って上げることは良いでしょう。
次の章ではリスナーが来ない理由について話していきましょう。

リスナーへ来てもらうためには?

ライブ配信でリスナーへ来てもらうための方法は4つあります。
この章では、リスナーへ来てもらうための方法について話していこうと思います。

まず1つ目の来てもらうためにはライブ配信を認知してもらうことです。
来てもらうためにはライブ配信を認知させなければなりません。

ライブ配信が認知されていなければ、人が来ない理由は明確です。
まずはひとりでも多くのリスナーに認知されることを目指しましょう。

ライブ配信へ来ない理由は以下の4つです。

ライブ配信へ来ない理由は、配信時間が少ない、毎日配信していない、配信歴が浅い、
SNSを活用できていない多くの初心者がライブ配信を認知してもらえない原因は、ライブ配信時間が少ないからです。

なので、リスナーへ来てもらうための工夫をしなければなりません。
ライブ配信時間が少ないと、リスナーの目に止まることなく来ない理由となります。
リスナーに知られていなければ、ライブ配信に人が来ない理由は明白です。

リスナーへ来てもらうためにライブ配信時間を長くして、できるだけ多くのリスナーへ来てもらうために工夫をしましょう。

実際、ライブ配信者の多くが、1日2時間から3時間以上のライブ配信を継続しています。
華やかに見える人気配信者たちも、リスナーへ来てもらうためコツコツ地道に配信を続けた結果、ひとりひとりファンを作っていったのです。

多くのリスナーへ来てもらうためには、できるだけ配信時間を長くすることがコツであり、リスナーとの接触頻度を上げ、認知度アップを目指しましょう。

毎日配信も同様です。
リスナーへ来てもらうために毎日配信していれば、リスナーに見つけてもらえる確率がアップします。

今まで配信が不定期だった方は、リスナーへ来てもらうために毎日配信を心掛けてみてください。

リスナーに興味をもってもらえれば、配信に参加してくれる人を増やすことができますよ。

こっちも実況動画の固定ファン並びにニコ生のリスナーが増えてきて、なかなかテンション上がりながら毎日送ってます。

ただし、リスナーへ来てもらうために毎日長時間の配信をしても、すぐ人気配信者になれるわけではありません。
なぜなら人が集まる配信枠まで成長するには、ある程度時間がかかるからです。

リスナーへ来てもらうために毎日長時間ライブ配信をしているのに人が来ないと悩んでいる方は、配信歴が浅いことが原因かもしれません。


ライブ配信にリスナーへ来てもらうためには、ある程度の期間がかかります。
人が来ないのは当たり前と認識し、コツコツ配信を継続していきましょう。

配信が認知されない原因の最後はSNSを活用できていないことです。
ライブ配信でリスナーへ来てもらうためしてもらうためにはSNSを有効活用しましょう。

今やSNSは幅広い層が利用しています。
配信者として活動するなら、SNSを利用しない手はありません。

あなた自身に興味を持ってもらうために、アピールしたいことを中心にどんどん発信していきましょう。

SNSは複数掛け合わせることで、より広い層にアプローチできます。


リスナーへ来てもらうために今の段階でSNSを一切利用していないなら、まずはTwitterなど、利用者数が多いSNSから始めてみてください。

リスナーへ来てもらうためには、配信自体を認知させることです。

リスナーへ来てもらうために配信時間を長くすることや毎日配信を継続しましょう。
さらにSNSの活用で、あなたの配信を広くアピールしましょう。

考えられるリスナーが来ない理由の2つ目の原因は配信すれば人が集まると誤解しているからです。

一般人がライブ配信をしても、最初は人が来ないのが当たり前でとくに始めたばかりのころはリスナーが2から3人、ときにはゼロという過疎状態もよくあることです。

芸能人のように配信すれば人が集まると誤解していると、人が来ないことに絶望し、ライブ配信が嫌になってしまうでしょう。
リスナーへ来てもらうための解決策は、地道に配信を続け、ひとりずつ固定ファンを増やしていくこと。

配信しても人が集まらないのは、あなたの配信がつまらないからではなく、あなたがリスナーに認知されていないからです。

リスナーへ来てもらうために配信を継続していればこの配信者はいつもがんばっているな」「どんな配信か見に行ってみようというリスナーも現れます。

リスナーへ来てもらうためにはまず新規リスナーを大切にすれば、繰り返し参加してくれる人も増えてくるでしょう。
ライブ配信の集客に近道はありません。コツコツ継続し、固定ファン獲得につなげていってください。

魅力的なジャンルで配信が行われていない

考えられるリスナーが来ない理由の3つ目の原因は魅力的なジャンルで配信が行われていないからです。

魅力的なジャンルで配信しないと、なかなかリスナーを集客できません。
毎日配信をがんばっているのに人が来ないと悩んでいる方は、まず来ない理由を考えて見ましょう。
その中で来ない理由を見つけることで自分の配信スタイルを見つけることができます。

ライブ配信の人気ジャンルは雑談、歌配信の2つです。
一番人気があるのは雑談配信です。
最近支持されているのが支持されている歌枠の配信です。
配信ジャンルを選ぶ基準はリスナーに人気があるかどうかです。魅力的なジャンルなら、リスナーに興味をもってもらえる確率がグッと上がります。

 

考えられるリスナーが来ない理由の4つ目の原因は定期的に配信を行っていないからです。

定期的に配信を行わないと、固定ファンの獲得が難しくなります。というのも、ライブ配信を視聴するリスナーの多くは、一日の中でアプリを開く時間が決まっているからです。定期的な配信は、毎日同じリスナーの目にとまるため有利になります。

たとえば朝の通勤通学時間や、寝る前のひとときにライブを視聴する人たちを想像してみてください。
ライブ配信の視聴が日課になっているリスナーへアプローチできれば、リピーターとなって繰り返し配信に参加してもらえるようになります。

何度も目にしているうちに、この配信者、いつも見かけるな、どんな配信か気になるなと思ってもらえれば、新規リスナーとして配信に参加してくれるでしょう。

固定ファンが少ないと悩んでいる方は、定期的な配信を徹底してみてください。リスナーのルーティンに組み込んでもらえれば、固定ファンとなって繰り返し配信に来てくれるようになりますよ。
以上がライブ配信で人が来ない理由について考えられる4つの原因です。
以上がライブ配信で人が来ない理由についてでした。

 

ライブ配信を楽しもう!

前章では、ライブ配信で人が来ない理由について話しました。
今回の章では、ライブ配信を楽しむことについて話していこうと思います。
ライブ配信を続ける上で1番大事なことはライブ配信を楽しむことです。
何をするにしても共通して言えることは楽しむことです。
ライブ配信を楽しむことでリスナーとしてはその配信を見ていて楽しくなりますし、
次も配信を見たいなと思います。
ですので、小手先のテクニックに頼るよりもライブ配信を楽しんで配信することが実は1番の近道だったりします。
今後の配信では楽しんで配信をしてみましょう。
以上がライブ配信を楽しもうについてでした。


今回の記事がこれからVライバーを目指す人、飛躍したい人の参考になれば幸いです。
弊社では、Vライバーになりたい方を随時募集しております。
様々なサポートをさせて頂いております。
ご興味のある方は是非ご応募お願いします。

応募はこちらからお願いします。
Exit mobile version